おもちゃのサブスクでは、知育系の玩具を数多く取り扱っている運営店もあります。どのようなものがあるのかと言うと、代表的なのがパズルです。パズルは集中力は続くことや、記憶力の向上につながります。パズルを遊びを続けることによって、集中力や記憶力のトレーニングにもなります。

パズルは想像力の豊かさの成長を促す効果があります。パズルは1歳ぐらいからが6歳くらいが対象年齢となっているので、長く遊ぶことができます。おもちゃのサブスクでは、プログラミングの知育玩具を借りられるところもあります。プログラミングのメリットは、思考力がつくところです。

プログラミングで問題を一生懸命考えながら、試行錯誤して解決していくことで達成感が湧きます。お子さんの向上心にもつながります。プログラミングは遊びのルールが把握できるようになる4歳ぐらいから取り入れてみるのがおすすめです。おもちゃのサブスクの知育道具では、ボードゲームも人気です。

ボードゲームは、思考力が身に付く玩具の中のひとつです。その他にも集中力や記憶力、判断力などといった、様々なお子さんの能力を高める効果があります。ボードゲームは、複雑なルールが分かるようになる5歳あたりから小学校就学前までのお子さんにおすすめの知育アイテムになります。お子さんに人気なのがおままごとの遊びです。

ままごとの知育玩具は想像力を高めたり、語弊力の向上効果が期待ができます。お友達と一緒におままごとをすることで社会性や協調性が身につくようになります。