おもちゃのサブスクを利用する時は、自分のお子さんの希望や成長に合ったものを選ぶのが理想です。しかし、なかなかお子さんの成長に合わせた適した玩具を選ぶことは難しいと感じることもあります。おもちゃのサブスクの玩具を選ぶときは、年齢別の発達に応じた玩具を選ぶのがポイントです。例えば、0歳であれば曲に合わせて、体をリズムカルに動かしたり、同じ事を何度も繰り返すなど、自分で何かやってみたいという行動が芽生える時期になり、それに合わせたアイテムを選びます。

1歳になると、積み木やパズルで遊ぶことができたり、ごっこ遊びなどをして楽しむようになります。2歳であればブロックなどちょっと大きめの玩具を使い、様々な形を組み合わせたり、創造して遊ぶことができます。楽しいことやおもしろいことに興味を持ち始めたり、音楽の歌など、言葉や歌で表現できるようになります。3歳ぐらいになると、玩具の色やかたち、数や大きさなどの違いが分かるようになります。

想像力をも働くので、複数の子供とごっこ遊びができるようにもなるでしょう。4歳から5歳になれば数を数える事ができたり、文字の読み書きもできるようになります。相手と合わせながら話したり、一緒に歌を歌ったりすることもできます。このように、おもちゃのサブスクを選ぶ際は、お子さんの年齢に合ったパズルや積み木、ボードゲームおままごとの道具などを選ぶと良いでしょう。

選ぶのに迷ったなら、お店側に相談することも可能です。